メガバンク バカ高人件費を削り倒す標的(プレジデントオンライン)

0

■マイナス金利政策でリテール部門の収益性が悪化

 近年、減少の一途をたどる3大メガバンクの新卒採用数。2019年4月入社の新卒採用数は、三菱UFJ、三井住友、みずほと3行合わせて2300人程度と今春から3割下回る見通しだ。

 大量採用してきた銀行に変化が起きた要因は、大きく分けて2つ。テクノロジーの発達とマイナス金利導入によるリテール部門の収益悪化だ。

 まず、AIやデジタル技術の進化によって、銀行の窓口業務を一部オートメーション化できるようになり、店舗の人員を抑えることが可能になった。同時に、マイナス金利政策などによって銀行預金のメリットがなくなり、リテール部門の収益性が悪化。人件費を削減する必要に迫られたことが採用減につながった。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です