歌丸さん告別式 友人代表・中村吉右衛門「勝ち逃げはずるいよ」と涙(スポニチアネックス)

0

慢性閉塞性肺疾患のため今月2日に81歳で亡くなった落語家の桂歌丸(本名椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、横浜市港北区の妙蓮寺で落語芸術協会(芸協)・椎名家合同でしめやかに営まれ、関係者1000人、一般の弔問客1500人が参列した。

 式では、歌丸さんの師匠で芸協最高顧問の桂米丸(93)、落語協会会長の柳亭市馬(56)、「笑点」代表として林家木久扇(80)が弔辞を読み、友人代表として歌舞伎俳優の中村吉右衛門(74)があいさつ。落語芸術協会(芸協)の会長代行である三遊亭小遊三(71)が謝辞を行った。

 米丸は「思い出は数かぎりなくあります。今、思いますと、あなたは非常に意志の強い、強固な、真面目な、頑固なところがあった」といい、「お幸せだったと思います」。「笑点」で人気者になった時を振り返り、「看板番組になると、どっこいしょと休みたくなるものですが、人気におごることなく、私は落語家なんだ!、勉強しようと…」と真摯に落語に向かった姿勢を回顧。「好きな古典をじっくりやる、お見事でした。どうぞゆっくりお休みください」と声を震わせた。

 6月20日の最後のお見舞いを振り返り、「意識もはっきりしていた。発声練習の紙を取ってと言われて、また元気になって、やる気なんだと思っていた」と悔しがった木久扇。49年前に歌丸さんとコンビを組み、クイズ番組で優勝し、商品の東南アジア旅行を2人で行った時の思い出などを語り、「50年近く一緒だったので思い出がいっぱいあります。いつも忙しくしてらした師匠ですから、ごゆっくりお休みください」と語りかけた。

 友人代表の吉右衛門は「酒を酌み交わしてお話をしたというお付き合いはありません。さっぱりした付き合い」としながらもお互いの芝居や落語を聞きに行く間柄だったといい、パリでの旅行中に歌丸さんがパリで高座を持つという偶然が重なり、楽屋で会うことができ、「ご縁を感じた。たのしい思い出がいっぱいありました」としみじみ。「師匠の訃報をテレビで知った時は…」と切り出すと、「すみません。年をとると、涙腺がゆるくなりまして申し訳ございません」と涙。「ショックでございました」と声を震わせた。「奥さまが見抜いた通り、師匠は落語を残して、落語のお客さまを残して、やるべきことをすべてやりつくして、旅立たれました。言ってみれば一人勝ちみたいなもの。私は最後に師匠に、こう申し上げたい。師匠、勝ち逃げはずるいよ、ということです。お疲れ様でした」と絞り出した。

いま、話題になっている・・・
ビジネスオーナー養成講座(シルバーコース)をご存知ですか?

その効果についてもですが、
有限会社ディーシー・グループさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です