丸山ゴンザレスが「危険地帯」への取材に目覚めたきっかけ(現代ビジネス)

0

海外への憧れを最初に駆り立ててくれた本が『世界ケンカ旅』です。

 極真空手家の大山倍達さんが、アメリカをはじめタイ、イランなど、世界各国で腕自慢の猛者たちと死闘を繰り広げる旅行記なのですが、2メートル近い巨漢を病院送りにしたり、牛と闘ったりと、今読み返すと、嘘だよね? と突っ込みたくなるエピソードもあるし、コメディとして楽しんでしまう。

 けれど、中学生の頃、初めて手にしたとき、世界は未知で、アメリカはいわば月と同じくらい遠い存在だったんです。だから、世界ってこんなところなんだと当時は目を輝かせて真剣に読み、強烈な影響を受けました。

 僕自身が極真空手をやっていたのもあると思います。

 海外への憧れを募らせ、大学生になると、バックパッカーとしてあちこち放浪します。旅先のインドの安食堂で偶然見つけて読んだのが『もの食う人びと』でした。

 インドも舞台として出てくる本なので、誰か日本人が置いていったのでしょう。この本で惹きつけられたのは、食べ物自体に焦点を当てるのではなく、食に関わる人の背景や物語を紡いでいく辺見庸さんの目線や描き方。この点は僕も強い影響を受けていると思います。

 同じように、カンボジアに行った時に安宿に置いてあったのが『地雷を踏んだらサヨウナラ』。カンボジアで亡くなった報道写真家・一ノ瀬泰造さんが残した書簡などをまとめた本です。

 当時はアンコールワットに、今ほど観光客がいなかった。僕はこの本を持って、最も高い位置にある第三回廊に行き、昼間ずっと読み耽っていました。

 カンボジアから日本に帰り、一ノ瀬さんの本の余韻がまだ自分の中に残っている頃、たまたま会った友人が『不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません』を読んでいた。

 宮嶋さんは一ノ瀬さんに憧れていたと聞いたので、この本を読んでみると、一瞬で不肖先生のファンになりました。

田中 大の7コールに1アポとったテレアポサクサク獲得法【トークスクリプト添削付】 体験談とネタバレがヤバいかも

田中 大さんの
7コールに1アポとったテレアポサクサク獲得法【トークスクリプト添削付】がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

Report This Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です