物理学者はAIをこう見る~あなたは「正しく」怖がれていますか?(現代ビジネス)

0

この数年で「人工知能(AI)」という単語を聞く機会が増えました。

 中学生の天才プロ棋士藤井聡太氏が永世七冠の羽生善治氏を破ったことが話題になったその裏で、いまやAIはプロ棋士を凌駕するレベルに達しました。

 より複雑な囲碁ですら、AI「アルファ碁」がトップ棋士を破り、その実力は今なお進化を続けています。

 普段お世話になっているGoogle検索では、多少タイプミスをしてもAIが意味を汲んでくれますし、iOSに搭載されたSiriは、「Siriさん」とでも呼びたくなるような反応を返してくれます。事故のために中断しているとは言え、AIによる自動車の自動運転の流れはもう止まらないでしょう。

 そんなAIの急進展にそこはかとない不安を覚える方、結構いるんじゃないでしょうか。

 例えば職業。AIにできることが増えれば、自分の仕事が取られてしまうかも知れません。これは、産業革命時代、仕事が機械化される中で労働者が感じた危機感と同じです。

 歴史は繰り返します。

 かつて「機械化」は労働者と資本家という対立構造を生み、それはやがて政治に組み込まれ、悲しいかな、多くの戦火を生み出しました。

 AIによって子供たちの時代に新たな火種を撒いてしまっているのかも知れない。そんな不安が頭をよぎる方もいるでしょう。

 AIによる自動コントロールはやがて船舶や航空機に及ぶでしょう。

 人が乗らなければ、機械は搭乗者を守るという軛(くびき)から解放されます。人では堪えられない加速度で飛び回る戦闘機に、人が搭乗するが故に性能を制限された戦闘機が勝てるはずがありません。

 「相手よりも強い武器を持つべし」という極めて現実的な理由で、武器はどんどん無人化されるでしょう。そして、作戦の立案にまでAIが関与し、戦闘行為に人の手が何一つ必要なくなった未来に、AI搭載の武器達が「低能な」人間の支配下に置かれることを嫌い、牙を剥くかも知れない。

Report This Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です