警抜な着想で読者を挑発 米作家、フィリップ・ロス氏を悼む 佐伯泰樹(朝日新聞デジタル)

0

■佐伯泰樹(東京工業大名誉教授・アメリカ文学)

 デビュー以来半世紀以上、つねに第一線にあって、警抜な着想と圧倒的な筆力で読む者を挑発、眩惑(げんわく)、翻弄(ほんろう)しつづけてきたフィリップ・ロスは、トマス・ピンチョンと双璧をなす現代アメリカ文学の最高峰といえる。31冊を数えるフィクションは、いずれ劣らぬ密度の濃い超重量級の問題作揃(ぞろ)いとあって、代表作を絞り込むのは至難の業である。
 瑞々(みずみず)しくもほろ苦い青春恋愛小説『さようならコロンバス』から出発し、4作目『ポートノイの不満』では一変してユダヤ系エリート青年の赤裸々かつ偽悪的な性遍歴告白。……
本文:1,090文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です