スルガ銀行処分のXデーはいつ 業務停止? 捜査機関も注視(産経新聞)

0

スルガ銀行の金融庁による行政処分の「Xデー」に注目が集まっている。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ(東京)が破産した問題で、スルガ銀による大半の所有者(オーナー)に対する建設資金などのすさんな融資実態が浮かび上がったためだ。業務停止などの重い処分を受ける可能性もありそうで、他の金融機関だけでなく、捜査関係者も注視している。

 「厳正かつ適切に対応していく」

 金融庁の遠藤俊英監督局長は5月22日の参院財政金融委員会で、スルガ銀への行政処分の可能性を問われ、こう答えた。

 また、遠藤氏は不動産売買の二重契約や通帳などの偽造・改竄(かいざん)について「相当数の行員が認識していたと考えられる」と説明するとともに、「銀行として何ら関知していなかったという弁解は容易には成り立たない」との見解を示した。

 これまでスルガ銀は相当数の社員が改竄を知りながら融資していた可能性については認めているが、主体的な関与については「第三者委員会の検証を待ちたい」として言及を避けている。だが、シェアハウスとは別に中古アパート建設の融資でも審査書類が改竄されている可能性が出てくるなど、事態は広がる一方で、「どこまで裏付けがとれるかで処分内容が決まる」(地銀関係者)もようだ。

 金融庁は、現在実施している検査やスルガ銀が設置した第三者委の調査結果を踏まえて処分内容を判断する考えで、8月以降に処分を出すとの見方が有力だ。

 ただ、金融庁内部には既に「今回の問題はガバナンス欠如」と結論づける向きもある。既に5月15日にスルガ銀の危機管理委員会が公表した調査では、「前年比増収増益を継続しなくてはならないという全社的なプレッシャーから、営業部門が審査部門より優位に立ち、営業の幹部が融資の実行に難色を示す審査担当者を恫喝(どうかつ)するなど圧力をかけ、審査部門は抗しがたいという状況が生じていた」と指摘されているためだ。

 これまで、スルガ銀は独自の審査基準による住宅ローンや貸家業を営む個人を対象にしたアパートローンを拡大し、業界全体が低金利環境に苦しむ中で好調な業績を続けていた。

 ただ、好評だった単身女性向けの住宅ローンなどは他社がすぐに追随。新鮮味が薄れてきたため、目先の契約が見込めるシェアハウスの融資に走ったというのが背景のようだ。金融庁のある幹部は「目先の契約ばかりに走る状況に経営陣が歯止めをかけていれば状況は違っていたはずだ」と打ち明ける。第三者委の決定を待たずに、金融庁が経営陣の刷新や再発防止策を求める業務改善命令などの処分を出す可能性もあり得る。

 こうした状況を捜査関係者も注目している。

 現在、警視庁に対し、融資を受けた人たちの弁護団が有印私文書変造・同行使の疑いで告発状を提出しているが、警視庁は「内容が不十分で、受理するのが難しい」(関係者)としているもようだ。ただ、国会で取り上げられるなど政治案件にまでなってきている以上、何らかの対応をする必要がある。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

Report This Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です