大阪北部地震 関西企業に打撃 工場相次ぎ稼働停止、小売り・飲食も休業余儀なく(産経新聞)

0

大阪北部地震は、一大消費地を抱える関西地方の企業活動に打撃を与えた。製造設備の被害などで、多くの工場が稼働を停止したほか、小売店や飲食店も営業中止に追い込まれた。震源地に近い工場では操業再開の見通しがつかないケースもあり、完全復旧には時間がかかりそうだ。

 震源地に近い大阪府高槻市で照明器具を生産するパナソニックの工場では、ガラスの成形過程で必要な都市ガスの供給がストップ。設備の状況確認もあり稼働を停止した。操業再開のメドは立っていないという。製造現場の自動化用機器などを作る豊中市の工場でも設備の一部に不具合が生じ、生産を取りやめた。

 シャープは冷蔵庫などをつくる八尾事業所の稼働を一時停止。ダイキン工業も、空調向けフロンガスをつくる摂津市の工場を停止した。第一三共(薬品)、明治(菓子)、ニチレイフーズ(冷凍食品)もそれぞれ高槻市内の工場の稼働停止を余儀なくされた。

 自動車では、ダイハツ工業が、親会社のトヨタ自動車などの小型車を生産する本社工場(池田市)を停止したが、18日夜から稼働を再開。ホンダと三菱自動車も一部工場で稼働を停止したが、午前中に復旧した。

 また、工場で使う工作機械を取り扱う会社には、問い合わせや修理などを求める電話が相次いだ。DMG森精機は関西地方の工場にスタッフを派遣するなどの対応をとっている。

 サントリーホールディングス(HD)はウイスキーを生産する山崎蒸溜所(島本町)とビールの京都ブルワリー(京都府長岡京市)で生産を停止。設備の点検作業を行うためで、18日は工場見学も取りやめた。

 JXTGエネルギー系の大阪国際石油精製(大阪府高石市)の大阪製油所も、運転や製品出荷を停止したが、18日中に出荷を再開。設備の安全点検も終えた。

 小売り店舗では鉄道の運休を受け、セブン-イレブン・ジャパンがJR西日本の駅ナカの28店を休業とした。ローソンでは高槻市周辺の4店舗が「警察から退去指示が出ている」ことなどで休業。ファミリーマートは全店舗で営業しているが、交通渋滞などで商品供給が滞る懸念があり、トラックの増便などで対応する。一部の小売店では断水の影響などから、ペットボトル入りの水やお茶が品薄となるケースも出た。

 百貨店ではJ・フロントリテイリングが松坂屋高槻店と大丸梅田店、大丸心斎橋店の3店を終日休業。エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは、大阪市内の阪急百貨店や阪神百貨店など7店舗を休業とした。

 飲食店はガス、水道の供給が断たれ、休業に追い込まれるケースが多い。牛丼チェーンの吉野家は一時、関西地方の約40店舗で営業休止。日本マクドナルドも18日正午時点で約50店が営業できない状態だ。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です