家族にだけ見せる芸能人の意外な素顔 BSフジ「オールスター家族対抗歌合戦 天高く歌きこゆる秋SP」(夕刊フジ)

0

PWP先行02(218,000)(ジルトン合同会社)の悪評のレビューあり?

PWP先行02(218,000)を販売している
ジルトン合同会社さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

【大人のTV】「オールスター家族対抗歌合戦 天高く歌きこゆる秋SP」(BSフジ、15日午後7時)

 かつて欽ちゃんの司会で日曜夜、フジテレビで放送されていた「オールスター家族対抗歌合戦」。家族そろって見ていたことを思い出す。その番組が、2016年にBSフジで30年ぶりに復活して以降、今回で5回目を迎える。

 司会は、東八郎の遺伝子を引き継ぐコメディアン、東貴博(Take2)。素人いじりという欽ちゃんの笑いのDNAもきちんと受け継ぎ、出場家族の素顔を引き出していくのが魅力だ。

 今回、出場する家族は7組。リポーターの阿部祐二チーム、モデルの井上咲楽チーム、元プロ野球選手の立川隆史チーム、俳優の浜田光夫チーム、落語家の林家木久扇・木久蔵チーム、元力士の増位山太志郎チーム、お笑いタレントのやしろ優チーム。

 太いまゆげでおなじみの井上咲楽のチームでは3人の妹も登場。衣装も井上手作りというアットホームぶりをみせてくれる。家族と一緒にいるときに芸能人がふとみせる素顔も意外な印象を与えてくれる。

 林家木久扇・木久蔵のチームは孫の顔まで並べると、そっくりながらも変化していくさまが見えてくるから面白い。そんなさまざまな楽しみ方ができる番組だ。

 最近はコンプライアンスが重視される中、芸能人が自分の家族をテレビに出演させることも随分と少なくなった。ブログやツイッターで家族の写真を投稿するときも、子供の顔にはモザイクなどをかける芸能人も多い。

 そんな世知辛いご時世を考えると、家族がこの番組にこぞって出演していた、しかも毎週やっていた昭和という時代は、随分とのんびりしていたのだなあと思ってしまう。それでも自分の応援する芸能人がどんな家庭に育ったかを垣間見ることのできる貴重な番組でもあったわけだ。

 こんな時代だからこそ、そうした番組は長く続いてほしいと思ってやまない。(F)

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

【大人のTV】「オールスター家族対抗歌合戦 天高く歌きこゆる秋SP」(BSフジ、15日午後7時)

 かつて欽ちゃんの司会で日曜夜、フジテレビで放送されていた「オールスター家族対抗歌合戦」。家族そろって見ていたことを思い出す。その番組が、2016年にBSフジで30年ぶりに復活して以降、今回で5回目を迎える。

 司会は、東八郎の遺伝子を引き継ぐコメディアン、東貴博(Take2)。素人いじりという欽ちゃんの笑いのDNAもきちんと受け継ぎ、出場家族の素顔を引き出していくのが魅力だ。

 今回、出場する家族は7組。リポーターの阿部祐二チーム、モデルの井上咲楽チーム、元プロ野球選手の立川隆史チーム、俳優の浜田光夫チーム、落語家の林家木久扇・木久蔵チーム、元力士の増位山太志郎チーム、お笑いタレントのやしろ優チーム。

 太いまゆげでおなじみの井上咲楽のチームでは3人の妹も登場。衣装も井上手作りというアットホームぶりをみせてくれる。家族と一緒にいるときに芸能人がふとみせる素顔も意外な印象を与えてくれる。

 林家木久扇・木久蔵のチームは孫の顔まで並べると、そっくりながらも変化していくさまが見えてくるから面白い。そんなさまざまな楽しみ方ができる番組だ。

 最近はコンプライアンスが重視される中、芸能人が自分の家族をテレビに出演させることも随分と少なくなった。ブログやツイッターで家族の写真を投稿するときも、子供の顔にはモザイクなどをかける芸能人も多い。

 そんな世知辛いご時世を考えると、家族がこの番組にこぞって出演していた、しかも毎週やっていた昭和という時代は、随分とのんびりしていたのだなあと思ってしまう。それでも自分の応援する芸能人がどんな家庭に育ったかを垣間見ることのできる貴重な番組でもあったわけだ。

 こんな時代だからこそ、そうした番組は長く続いてほしいと思ってやまない。(F)

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です