樹木希林さん、病でも「面白がれる」最後まで女優(日刊スポーツ)

0

エンジェル 西江義博の初版コの字型マトリックス 口コミが怪しい

最近、話題になっている

エンジェル 西江義博の
初版コの字型マトリックスって・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:67年2月、取材に答える樹木希林さん

15日に亡くなった樹木希林さん(享年75)は、十数年、病と闘い続けてきた。03年、網膜はく離で左目を失明。04年には乳がんと診断され、翌年右乳房を全摘出した。全身に転移したがんは、じわじわと体力を奪っていった。

【写真】「万引き家族」の舞台あいさつで話す樹木希林さん。左は是枝裕和監督

それでも、病を前向きにとらえることを忘れなかった。失明を明かした会見では、演じる予定だった役が変更になりせりふが減ったため「年を取ってきてせりふを覚えられないからラッキーですよ」と話した。

体力が低下したことで長期間拘束されるドラマ出演が難しくなり、活動の中心は映画やCMにシフト。希林さんは「映画やCMなら体力がいらないから。瞬間芸でできる」と言って笑ったことがあった。強がりではなく、今の自分を受け入れ、できることをやるという姿勢そのものだった。

映画中心の活動になってから、是枝裕和監督や河瀬直美監督らと出会い、映画の楽しさを知ったという。お茶の間で人気だった希林さんは、スクリーンでも人気になり演技派としての評価を受け、新しいファン層を獲得した。昨年から今年にかけて、「日日是好日」(大森立嗣監督、10月13日公開)、カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを取った「万引き家族」(是枝裕和監督、公開中)と、精力的に撮影を行った。

乳がんの手術を受けた後、希林さんが「私は何でもおもしろがれる。病気に対しても」と話したことがあった。老いに対してもそうだった。映画「わが母の記」(12年)「万引き-」では、入れ歯を外して演技した。女優としてはかなりのチャレンジだが、本人はいたって淡々としていた。「元取ろうって思ってるだけ。元取っておいしいものでも食べたいなって思うだけ」と笑ったこともあった。

本当の心の内を知ることはできないが、ありのままを受け入れ、女優としての活躍の場や魅力を広げ、作品を深めたことは間違いない。【小林千穂】

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

エンジェル 西江義博さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です