チャレンジ、秘密のWinRE!(@IT)

0

土屋 俊一のサラリーマンが不動産投資で不労所得を得る方法 効果についてレビュー

サラリーマンが不動産投資で不労所得を得る方法の
土屋 俊一さんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい

出典元:Server CoreインストールでWinREを開始する(Server CoreインストールでなくてもWindows 8以降で利用可能)

「Windows回復環境(Windows Recovery Environment:WinRE)」は、「winre.wim」というイメージをRAMディスク(X:ドライブ)に展開して起動する、Windowsのインストールやトラブルシューティングのための“インストール不要の小さなWindows OS環境”です。WinREは、Windowsのインストールの際にローカルディスク(BIOSシステムのシステムパーティションやBIOS、UEFIシステムの回復パーティション)に配置される他、稼働中のWindowsで作成できる「回復ドライブ」や「システム修復ディスク」、Windowsのインストールメディア(USB、DVD、ISO)にも含まれます。

【画像】Windows 10の「設定」アプリからWinREを起動する

 Windows 10でWinREを開始する方法は幾つかありますが、標準的なものは次の5つでしょう。

■WinREの開始方法

(1)「設定」アプリの「更新とセキュリティ」から「回復」を開き、「PCの起動をカスタマイズする」にある「今すぐ再起動」をクリックする。

(2)[Shift]キーを押しながら、Windows標準のメニューを使用して再起動を開始する。

(3)Windowsの起動に複数回失敗すると自動的に始まる「自動修復」の後に表示される画面で「詳細オプション」をクリックする。

(4)「回復ドライブ」や「システム修復ディスク」でコンピュータを起動する。

(5)Windowsのインストールメディアでコンピュータを起動し、「Windowsセットアップ」で「コンピューターを修復する」をクリックする。

 (1)~(3)の操作でWinREを開始する場合は、ローカルディスク上のWinREが使用されます。WinREではさまざまな回復ツールが利用できます。

 例えば、(1)または(2)の操作でWinREのベースになっている「Windowsプレインストール環境(WinPE)」のコマンドプロンプトを開始するには、「オプションの選択」画面から「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「コマンドプロンプト」の順に選択します。コンピュータが再起動され、WinPEのコマンドプロンプトに入る前には、ローカル管理者のパスワードの入力が求められます(「BitLockerドライブ暗号化」や「デバイス暗号化」が有効な場合は、その前に「回復キー」の入力が求められます)。

 なお、自動修復から開始されたWinREや、回復ドライブやシステム修復ディスク、インストールメディアなど、外部メディアから起動したWinREの場合は、ローカル管理者のパスワード入力は要求されません。

 以上を踏まえて、最近気が付いた“WinREの秘密”を紹介します。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です